触れられないもの

形がないものについて語るブログ

助けを求める仕組みというもの

普及してほしいと思う反面、もっと優しい社会にもなって欲しい

最近Twitterをよく眺めているんですが、こんなツイートを見つけました。

 最初はあまり意味がわからなかったんですが、こういう事のようです。

  • このポスターはバーまたはレストランの女性トイレに貼られているらしい
  • 男性から執拗に言い寄られている、身の危険を感じる、飲み物に変な薬物などを入れられたかもしれない、と女性が恐怖に感じた場合に店員にこっそりサインを出すことが出来る仕組み
  • 店員に「エンジェルショット」という商品を注文することで、加害者になる可能性のある男性にはわからないように「私を助けてほしい」という意思表示をすることが出来る
  • エンジェルショットの「ストレート」「ロック」「ライム入り」と呼び分けることで「乗り物まで連れて行ってほしい」「タクシーを呼んで欲しい」「警察に連絡してほしい」と依頼内容を分けることが出来る

こういう仕組み、良いですね。日本でも男子大学生が女性に無理やりお酒を飲ませて、という事件がありますし、かといってこういうシーンに対して店員が「声を掛けていいかどうか判断に困る」部分もあると思うので。

かと言って女性が堂々と「私を助けてほしい」といいにくいケースもあるだろうし、こうやって「こっそりサインを出す」ことが出来るなら防げる事件などもあると思うんですよね。ホントしょうもない男やめとけよこういうことは。女性は堂々と口説きなさい!お酒を無理やり飲ませてなんてカッコ悪いし、自分の魅力で女性と付き合えるようにがんばりなさいよ。

そして、もう一つ。

ブラックドットキャンペーン

これはたった今知ったもの。

karapaia.com

手のひらに黒い丸を書き、誰かにアピールすることで「家庭内暴力を受けている」とサインを出すことが出来る、というもの。

「DV被害者が声をあげることはとても難しいことだし、危険でもある。暴力をふるってくる相手がなにをするかわからない恐怖、他人に信じてもらえない恐怖があるからだ。しかし、DVの認知度が上がり、取り巻く環境は劇的に変わっているので、ブラックドットのような運動は、被害者が虐待を通報するための選択肢のひとつになり、助けになる」

 これは「見せた相手がこのキャンペーンの意味を知っていないと意味がない」ことであり、逆に「DVの相手がこのキャンペーンのことを知っていた場合受けるかもしれない危険」を考えると普及することはすこし疑問に感じざるを得ないけど。

そういえば「白い杖を少し高くあげる」というサインもあったはず。弱視の方が白い杖を少し高くあげているのを見たらそれは「手助けを求めているサイン」だから声を掛けてあげてほしいというもの。

しかし、実際は杖を持っている方の中にもそのサインを知らない人が多かったばかりではなく、サインを出していないなら手助けはいらないのかということにも繋がりかねないということで、支援団体などからも普及してほしくない旨のコメントがあったような。

僕にはすでに亡くなったけど耳のまったく聞こえない祖父がいて、それとなく見た時に「あ、何かしてほしいことがあるのかな」と思ったときにはトントンと肩を叩いて「何かしようか?」とサインを出したりしてたのを思い出す。勝手に「これをしてほしいに違いない」と決めつけず、してほしいことを言える関係、聞ける関係。

両手に松葉杖をして歩いていた方が転倒したのを見た時は、まず助け起こすのが先決ではなくて「なにをすることがその方のして欲しいことか」を聞くのが大事なことで、そのときには「松葉杖に損傷がないかを見てほしい」、そして「自分で立ち上がるので手を貸してほしい」でした。松葉杖にヒビが入っていたり折れている場合、それに体重を預けた場合もっと大きな怪我をするかもしれないこと、助けてもらって起き上がるのではなく自分で立ち上がることで捻挫や打撲など「受けたダメージの度合い」を自分で知りたいというのが理由でした。

ここで勝手に「立ち上がりたいんだ、腕をひっぱってやろう」になるのではなく、「なにをすることが手助けになるのか」を知ろうとすることが僕は「思いやり」なのかなと感じるし、それが出来るだけの心の余裕というか優しさのようなものを身に着けておきたいと思うわけです。

さっきの話に戻るんですが

バー?に貼られたポスターのこともね。

ホントは紳士淑女に「大丈夫?飲みすぎてない?何か手伝おうか?」的なサポートが入るような世の中であって欲しいんですよ。なんだか女性が無理やり飲まされている、とか「嫌がってるのにお酒を進められて困っている」というのが見えたりしたら。

DVというのは家の外から見るとまったくわからないケースなどもあるとはいうけど、どこかで誰かが「心や体に暴力を受けている」事を受け止める事のできる仕組みや行政のサービスなどがもっとあってもいいと思うんです。世の中はここ数十年でものすごくきな臭いというか世知辛いというか「無関心無気力」になってしまったという気がするので。

「ちょっとおせっかい」なくらいの思いやり、持っていてもいいんじゃないかなと思って。Twitterではすごく性格の悪いキャラになってますが、普段はこんなことも考えていたりします。

 

意識を変えてみると見える景色が変わる

1つの気づきで見えるものが変わってくる

日曜日の買い物でちょっと気づいた女性のファッション。そんな記事を書いたわけです。

www.nubatamanon.com

たまたま見かけた「トップスの前側をボトムスの中に放り込むこと」が脚を長く見せてくれたりシルエットを細くするような効果がある、こと。

それに気づいた時にふとショッピングモールの中を見渡してみると、意外にこの「前だけイン」をしている女性が結構多いことに気づきました。そっか、何気なく歩いているように見える女性もしっかりいろんなところに気を使ってるのよねと。

おそらく昨日もおとといも、先週京都に行ったときも大阪に行ったときもそういう服装をしている人はいっぱいいたはずなのに、その時の僕の視界には全然入っていないわけです。意識がそこに全然行っていない。

でもそれに気づいただけで「あっ!」っと見える風景が変わるわけです。ちなみに今日会社で「ねー前だけインってしてる?」と聞くと、僕のオシャレ師匠は「してるよー」と普通に取り入れてるって言ってました。VERY愛読してるって言ってたからなぁ、さすが。

大きく方向を変えることは難しいかもしれないけど

いままで生きてきた中で出来上がった人格のようなものってそんな簡単には変えられないとは思うんですよ。そんな簡単にダウンロードしてインストールできるような人間だったら僕というものはあやふやでいい加減で八方美人で場当たりな人だと思うので。

根本の部分というのはそんな簡単に帰ることは出来ないけど、こういう「意識」の部分をちょっと足したり引いたりすることっていうのは出来るのかな、と少し考えたりします。

「体重」に意識を持っていくことで「このひとくちはやめておこう」とか「時間があるからひと駅だけ歩こう」と行動を変えることが出来る(かもしれない)

「ブログ」というものに意識をちょっと置くことで、普段の生活からちょっとネタを見つけやすくなったり(今回のこともまさにそう)タイトルの付け方をすこし考えるきっかけになったり。

昨日の自分と今日の自分は同じである必要はまったくないし、ある朝から突然大嫌いな人にニッコリ「おはよう」といえる人になっても別にいいんだと思うんですよ(ならないけど)それも1つの意識の変え方だと思うんです。

でもちょっとショックだったのは

僕は好きな芸能人やモデルさんが何人かいらっしゃるのですが、モデルの五明祐子さんも好きだったりするんです。年齢はあんまり変わらないのにあの笑顔、スタイル、ファッションセンス。ほんと素敵です。

www.instagram.com

 

あれれ・・・毎日のように見てるのに・・・

 ここでも前だけインしてるし・・・

 

引退を今月末に控えたももちこと嗣永桃子さんのコーディネートをさせていただきましたー😊 とても可愛いく着こなしくれていたももち😻 ピンクのパンツもねー。絶対可愛かったと思うんだけど、どうにもご本人に嫌がれてしまいましたね😂💦 ロケ中は本当に楽しくて、娘のような年齢だけど、同い年みたいに会話できるところもあって、すっかり頼りにしちゃいました😅 引退まで残すところあとわずかなのはとても寂しく残念な気がしますが、新しい世界に行ってもきっとそちらでもご活躍されることでしょうねー😊 #ヒルナンデス!#格安コーデバトル#嗣永桃子さん#ももち

五明祐子さん(@gomyoyuko)がシェアした投稿 -

 ファッションを見る、という意識が全然なかったから気づかなかったんでしょうね。

オシャレの勉強というと話が大きすぎるんですがPinterestはやってたりします。自分の持っている服を探しつつ、そのコーディネートで良さそうなものがあればピンしておいて買い物に行く時にちょっと探してみるなどいろいろ試してます。

そうそう、今週末は生まれて初めての「服のリフォーム」しようと思ってます。が、それは週末あっちのブログで。

20年ぶりに散髪屋さんに行きました

思い出もいっぱいよみがえる散髪屋さん

f:id:masaki709:20170601201929p:plain

結婚してからずっと妻に散髪してもらってたんですが、なんとなく「久しぶりに散髪屋さんに行くか」という気になりまして(いや勘ぐるなよ別に)

実は一軒、ずっと行きたいなと思っていた散髪屋さんがあるんですが、今日ついに一歩を踏み出してきましたのでそんな話を。

タイムスリップ:高校生の頃の話

中学生の頃は丸刈り強要の学校だったので、どこの家でも同じように電動バリカンを使って家で刈ってもらっていました。2cm以上伸びたら学校の規則違反とかまじかよ。どうやら僕が卒業してしばらくして長髪もOKになったらしいんですけどね。

丸坊主なのにもみあげを剃ってしまって、当時流行りの「テクノ」にしていたのは僕だけではあるまい。テクノカット、イエロー・マジック・オーケストラですよ?

そうか、もみあげを剃ってしまうのは「アイビー」といいましたな。あかん!話がどんどんずれていく。

そんな中学時代を過ごして高校生になると、とたんに「髪の毛伸ばしてぇ」という時代がやってきます。前髪が伸びてきて初めて自分の髪の毛を自分の目で見た時の感動ったらなかったわ。おお、これが生えている自分の髪の毛かと。

で、ボサボサにに伸びた髪の毛を切りに行った床屋で私はまた床屋のとんだ勘違いから丸坊主同然のヘアースタイルにされてしまい、「この店には二度と行くもんか」と友達に相談、新しい床屋さんを紹介してもらったのでした。そしてその床屋さんで私は「ヘアースタイル」のなんたるかを知り、結婚してしばらくまでの約10年間をその床屋さんで切ってもらっていたのです。

で、そのお店には修行中のお兄さんがいました。年齢は僕より少し上っぽくて、見習い修行からか最初は掃除から、そしてシャンプー、顔剃り、そして簡単な散髪と少しづつ理容師さんへの道を進んでいくお兄さん。

車の話をしたり学校の話をしたりしながら散髪してもらいながら話をしていたんですが、やがて修行を終えたのかそのお店からいなくなり、そして私も結婚して少し離れたところに住むようになった上に妻に散髪してもらうことになったので、そのお兄さんのことは完全に忘れていたんです。

突然現れたお兄さん

結婚して子どもが出来てしばらくした頃、インターネットで知った「Facebook」なるやつ。あれには縁が遠ざかっていた友達をピタッと吸い寄せる魔法のようなものがあります。

たまたま知り合って友だちになった散髪屋さんがいまして。その方の投稿でお店の中の写真があったので見ていると、どうも見たことあるお兄さんが写っている!

「あ!!お兄さんやん!」

メッセージで「すいませんあのお兄さんってもしかして●●で働いてた人ですよね」とメッセージを送ったら「そうですよ!」ということで繋がりまして。縁ってうれしいですよね、ちゃんと僕のことも覚えていてくれていました。

当時のお店の修行を終えてから少し大きな床屋さんの店長を任されたこと、その後は独立して自分のお店を構えていること、すっかり理容組合の中で偉い人になっていることなどを知りびっくり!「そのうちカットしに行きますよ!」なんてFacebookでやりとりしながらも時はどんどん過ぎ・・・

そうだ、散髪屋さんにいこう

そして今日です。

ボサボサになった髪の毛を鏡でチラッと見て「散髪せなあかんな」と思った時に「そうだ久しぶりに散髪屋さんに行こう」と思い立ちます。Facebookのメッセージを使って「散髪に行こうと思うんですけど」って。予約が必要とのことだったので電話を入れると「18時15分だったら空いてますよ!」とのことだったので予約完了。

会社の定時が17時15分なので、事前に「今日は定時ダッシュするからよろしく」と根回しすること数人、チャイムと同時に自転車でダッシュ。

着替えて車に乗ってお店につくとちょうどいい時間。お兄さんはお店の前で掃除をしてらっしゃいまして。

「あっ!お久しぶりです!お店にどうぞ!」

通っていた散髪屋さんのときもそうだったんですが、僕は「ここはこうして」というのをあんまり言いません。髪質もそうだし顔の形、髪の毛の量や太さなどでおすすめできる髪型って理容師さんのほうが絶対詳しいと思うので(というか僕センスがないので笑)

「今日はどんなふうにカットしますか?」と聞かれて「当時からおまかせだったんですよー」って。そして今日もほぼおまかせで切ってもらいました。

軽く刈り上げてもらってトップは少し長め、すこし多めに透いてもらったら頭もすごく軽くなった気分。妻に切ってもらう時は刈り上げなんて電気のバリカンでバーっとやるだけなんですが、理容師さんの刈り上げはハサミを何本も使い分けてパッパッパと切るのです。まさに職人技、えりあしからスッと伸びる刈り上げには「さすがですね」というしかありません。

理容師さんの競技大会で3年連続優勝したり全国大会で4位になったり、今や後輩の育成にも力をいれておられるという「偉い人」になっていたお兄さん。でも話してみると昔の懐かしいお兄さんでめっちゃ嬉しかったなぁ。

当時の話いろいろ

髪を切ってもらいながら昔話がたくさん。知らなかった「あの人が実はああで」「えっそうなんですか!!」「で、あの人はじつはこう」「えええ!!!だから僕には!」とかそんな話がたくさんありますがもちろんですが書けません。

そして今日知った事実は「僕が髪をバッサリ切られて『二度と行くもんか』と思ったお店の店長をお兄さんがしていた」という事実。これは意外だったなぁ。

また髪の毛が伸びたら行ってみようと思います。お値段はいわゆる「1000円カット」に比べれば4倍ほどするんですが、1時間以上みっちりとカットしたり顔を剃ってもらったり肩を叩いてくれたり。いたれりつくせりで昔話までできるのなら安いものです。

妻散髪は当分やめにしてしばらく通おうかなと思っています!

 

北風と太陽っぽい話

人の動かし方は一通りではないのよね

f:id:masaki709:20170529221044j:plain

先日ちょっとボランティアをしてきました。道路に立って道案内などを。まぁ地元でやっていたので道路には詳しいし郷土愛あふれる私なので簡単でした。さて、そんなボランティア中にあった「北風と太陽」っぽいお話。

横断歩道以外は渡ってはいけません。

僕はボランティアで参加してたんですが、きちんと雇われた警備員さんも道路に立っていました。無理やり道路を渡ろうとする人を止めること、通行する車に注意をうながすことなどなど。

人がたくさんいると数人が道路を無理やり渡ろうとするわけです。「道路を無理やり渡らないであっちかこっちの横断歩道を使って渡ってください!」警備員さんが注意します。それを耳にして横断歩道へ歩いて行く人がほとんどなのですが、中にはそれを無視して道路を走って渡る人も。

「道路を渡らないでください!危ないので渡らないで!!!」

それがだんだん高圧的に変わっていくんですよね。イライラする気持ちも分かるんですけど。車は断続的に通るし横断歩道をきちんと渡るほうがもちろん安全。無理やり渡ろうとする人を見つけるたびに高圧的に「渡らないで」と叫ぶ警備員さん。

おじいちゃんが怒った

ゆっくり歩いてきたおじいちゃんがいました。このあたりに初めて来たのか横断歩道の場所がわからず、警備員さんの前を渡ろうとして「ここは渡らないであっちの横断歩道を使ってください」とまた高圧的に言ったわけです。

「いや、もう少し説明の仕方もあろうもんなのに・・・」

疲れていたおじいちゃんはその高圧的な物言いに怒ってしまいました。

「なんだあの警備員は偉そうに!人をなんだと思ってるんだ!!」

ある行事を楽しみにきたおじいちゃんを怒らせちゃだめです。せっかく来たんだから心地よく帰ってほしい。「また来年も来よう」って思って帰ってほしい。

ちょっと見かねたのでおじいちゃんに声をかけました。

「おじいちゃん、ごめんねー。一人が渡るとみんな「渡っていいんだ」って思って渡っちゃうんですよー。大人なら渡れるんですけど子どもがそれ見ると飛び出しちゃうでしょ?結構この道車がスピード出すから危ないんですよー」

「そうかそうやな、子どもにそんなん見せたらあかんな。で、横断歩道はどっちにあるんや?」

「そっちやし一緒に行きましょ。あの警備員さんもずーっと同じ注意ばっかりしてイライラしてたと思うしごめんやで。仕事熱心やと思ったってな」

そんな事をいいながら横断歩道に到着したので渡ろうとすると一歩目がちょっとした段差。手を差し出したらパッと掴んでくれてうまく支えられたみたい。その手がちょっと冷たくて、きっといっぱい歩いてきたんだろうなという感じ。

横断歩道を渡り終わるところまで一緒に歩いて「そんなら僕あっち帰るわー」って。「ありがとう」っていうおじいちゃんが笑顔だったのが僕も嬉しかった。

目的が同じでも

警備員さんの仕事も僕のボランティアでやった仕事も「通行人の安全を守ること」だし、警備員さんの高圧的な言い方だけが悪いとか僕が偉いとかは別にどうでもいい。でも人になんらかの影響を与えるのであれば、その人への配慮というものは考えるべきなんじゃないかなと思うのです。

北風と太陽ってそんな話だったじゃないですか。北風をぴゅーぴゅー吹かせてコートを脱がせようとした雲。暖かくしてコートを脱がせることに成功した太陽。

横断歩道を安全に渡って欲しいならそれなりの配慮みたいなものをもう少し考えたらみんなにこやかに横断歩道を渡ってくれたのかもしれないなって。DJポリスとかもそう、言葉を巧みに扱ってみんなを「嫌な気持ちにさせることなく上手に導く」ために日々訓練されていると聞きますね。

もちろん、警備員さんの仕事を毎日していると言うことを聞かない人もいるだろうし、苦労もそれなりにあるとは思うんですが、自分の気持の持ちようで相手の気持ちっていうのは少しでも変えることが出来る、ってちょっと思ってもらえると嬉しいなぁ。

僕もそんな事を考えることが出来たので、ボランティアに参加してよかったなと思っています。

今度生まれ変わったら低気圧になりたい

「ズームしてお伝えされたい」

仕事で車に乗っているとき必ず見ているのがフジテレビの「直撃LIVE グッディ!」っていう情報番組。いや、その番組の中身はほとんど興味がないんです。興味があるというか大好きなのが天気予報の時間。

天気予報に出てくる「なっちゃん」こと寺川奈津美さんにゾッコン胸キュンなわけです。

https://twitter.com/nubatamanon/status/867632582849986560

https://twitter.com/nubatamanon/status/867633057787912192

 Twitterでハッシュタグ#寺川奈津美で検索してもらうと動画がたくさん出てくると思うのでそっちを是非参照。ここにリンク貼れないのは著作権上のあれこれやそれこれ。

なっちゃんの「ズームして」のポーズがあるんですが、それがめちゃくちゃ可愛いのです。ああ、そのズームされたい。ズームされてお伝えされたい。

そして天気予報のコーナーの中で雲の動きや低気圧の動きなどをもう一度「ズームして見ていきましょう!」とお伝えするわけですが(ああやだ可愛い)、そのときには「矢印棒」を使って雲の動きなどを丁寧に解説してくださるわけですよ、なっちゃんが、そうなっちゃんが!

ああ・・・雲になれればなっちゃんに指差してもらえるのに・・・
そうだ・・・こんど生まれ変わったら低気圧になりたい・・・

そして気がついたらそんなツイートをしていたわけです(ばか)

グッディの公式ツイッター見つけた!

 これはOKやん!ほら、みてみてみてみてみて!

 

f:id:masaki709:20170526205529p:plain

そう、本も書いておられるのです。Amazonリンクは貼らない!画像だけお借りしました!!いやでもこの写真より379倍くらい綺麗でカワイイので!

ああ、ホタルにも癒やされるけどなっちゃんにも癒やされるわぁ。

追伸

Twitterでいいね!もらったので家宝にいたします。

f:id:masaki709:20170612221216p:plain

 

朝ごはんをお茶漬けにするとお腹が空くのが早い気がする

胃の中では一緒になるはずなのに

f:id:masaki709:20170526000046p:plain

ほら、こういう記事があっちには書けないという典型な例ですw

朝ごはん、食べてますか?僕は絶対に食べます。どんなに遅刻しそうな時間に起きたとしても他の時間を削ってでも朝ごはんは食べます。もし食べれなかったとしたら漫画にあるような「食パンを加えて背広半分だけ着て走る」的なやつをやるかもしれません。

ああ、自転車だから無理ですけどね。

平日はお味噌汁をだいたい妻が作っていてくれるので、それを飲みながらご飯を食べてお漬物などを摘んで朝ごはん。土日はパンだったりしますけど平日は仕事があるのでやっぱり「米」を口に入れておきたいんですよね。

たまに来るお茶漬けブーム

たまにブームが来るのが「お茶漬け」と「卵かけご飯」です。胃腸が疲れているのかサラサラと食べたい時にお茶漬けを朝ごはんに食べたりします。お茶漬けとお味噌汁、お腹チャプチャプなんですけどね。

気のせいかもしれませんが、お茶漬けを食べた日ってなんだかお腹が空くのが早いんですよ。早ければ10時半ごろに「なんかお腹すいたなぁ」って。あれかな、もしかして胃の中でササッとお茶漬けは流れていってしまうのかなとも思ったりするんですが。

でもよく考えたら、ご飯とお茶を別々に食べたところで胃の中では「お茶漬け」状態になるわけで。それだったらご飯とお味噌汁だって胃の中で「お味噌汁ご飯」になるはずだからお腹すく時間も同じになるはず。よくわからんなぁ。

いや、お味噌汁ご飯って「ねこまんま」って言うのかそうかそうか。

たまごかけご飯はお腹がふくれる

そしてもう一つの勢力、卵かけごはんです。こっちは似てるんですけどお昼ごろまでお腹が空かない不思議。卵の中に満腹中枢を満たす何かが入ってるんでしょうか。もしかしてその何かを利用して「卵かけご飯ダイエット」とかやると良いのかもしれない。

そうだ、明日の朝は卵かけご飯食べよう。

 

はじめの一歩

そうだ、こういう感覚だったわ

f:id:masaki709:20170524232352j:plain

「あれこれやそれこれ」を始めたのが2年ちょっと前。気づけば累計で400万PVを超えるようなブログになっていました。

収益を出すことを意識すると書けないこともあるし、逆に「これは書くとまずいのでは」と思ってしまうようなことも増えて、自分のブログなのに妙な窮屈さ。かといってマネタイズをやめるわけにもいかずどうしたもんだろうか。

そうか、ブログもう1つ書いたら良いのか。

新ブログコンセプト

で、何度めかもうわからないくらいの新しいブログを立ち上げました。

  • AdSenseは1つだけ(良識を保つためのお守りのようなものです)
  • レスポンシブデザイン
  • AMP
  • 好きなことだけ書く
  • 手に触れるもののことはあっちにかく
  • 触れないもの(心とか考え方とか無形サービスとか)のことを書く
  • 思いついたまま書く
  • 言及記事はこっちに書く
  • 毎日は書かない

こんな感じでやろうと思ってます。

最初はそんなブログだった

今ですらあんなブログになって古参扱いされている私ですが、始めは「生まれたばかりの鹿」のような弱々しいブロガーでした。それが今では。

そんなことを少し思い出しながらこのブログを何かの形にしてみたい。

といいながら、もしかするとすぐやめるかもしれませんがどうぞお付き合いください!独自ドメイン?いらないわそんなの面倒くさい(笑)