触れられないもの

形がないものについて語るブログ

朝ごはんをお茶漬けにするとお腹が空くのが早い気がする

胃の中では一緒になるはずなのに

f:id:masaki709:20170526000046p:plain

ほら、こういう記事があっちには書けないという典型な例ですw

朝ごはん、食べてますか?僕は絶対に食べます。どんなに遅刻しそうな時間に起きたとしても他の時間を削ってでも朝ごはんは食べます。もし食べれなかったとしたら漫画にあるような「食パンを加えて背広半分だけ着て走る」的なやつをやるかもしれません。

ああ、自転車だから無理ですけどね。

平日はお味噌汁をだいたい妻が作っていてくれるので、それを飲みながらご飯を食べてお漬物などを摘んで朝ごはん。土日はパンだったりしますけど平日は仕事があるのでやっぱり「米」を口に入れておきたいんですよね。

たまに来るお茶漬けブーム

たまにブームが来るのが「お茶漬け」と「卵かけご飯」です。胃腸が疲れているのかサラサラと食べたい時にお茶漬けを朝ごはんに食べたりします。お茶漬けとお味噌汁、お腹チャプチャプなんですけどね。

気のせいかもしれませんが、お茶漬けを食べた日ってなんだかお腹が空くのが早いんですよ。早ければ10時半ごろに「なんかお腹すいたなぁ」って。あれかな、もしかして胃の中でササッとお茶漬けは流れていってしまうのかなとも思ったりするんですが。

でもよく考えたら、ご飯とお茶を別々に食べたところで胃の中では「お茶漬け」状態になるわけで。それだったらご飯とお味噌汁だって胃の中で「お味噌汁ご飯」になるはずだからお腹すく時間も同じになるはず。よくわからんなぁ。

いや、お味噌汁ご飯って「ねこまんま」って言うのかそうかそうか。

たまごかけご飯はお腹がふくれる

そしてもう一つの勢力、卵かけごはんです。こっちは似てるんですけどお昼ごろまでお腹が空かない不思議。卵の中に満腹中枢を満たす何かが入ってるんでしょうか。もしかしてその何かを利用して「卵かけご飯ダイエット」とかやると良いのかもしれない。

そうだ、明日の朝は卵かけご飯食べよう。