触れられないもの

形がないものについて語るブログ

「ロバを売りに行く親子」みたいなブロガーの話

ロバを売りに行く親子の話、知ってる?

イソップ童話の中の1つらしいね。「ロバを売りに行く親子」というのが元ネタらしいねんけど(元ネタって言わへんよ笑)老夫婦に変わってたりとかいろいろバージョン違いがあるんですよね。どんな話か簡単にまとめてみましょか。

ロバを売りに行く親子の話を関西弁で

昔あるところにロバを市場へ売りに行く親子がいはったらしいねん。

親子がロバを連れて歩いてたら、それを見かけた人がそれを指差して「せっかくロバを連れてんのにロバに乗らんと歩くなんてあほやろ」って。そう言われたらそやなと思ったお父さんは子供をロバに乗せはってん。

子供を乗せてロバを引いたお父さんを見た人が今度はそれを指差して「元気な子供をロバに乗せて父親が歩くなんておかしいやん」って。それを聞いたお父さんはそれもそやなと思って自分がロバに乗り、子供を歩かせることにしはったん。

それで子供がロバを引いて歩いてたらこんどはまた違う人がそれを見て「自分だけ楽をして子供を働かせるなんて悪い親やな、信じられへんわ。一緒に乗ったらええのに」とかいい出したので、それもそやなということで親子は一緒にロバに乗ってカポカポと歩き出さはってんけどね。

ほらやっぱり来たで次の人。

次の人は「あのロバかわいそうに二人も載せてヒーヒー言うたはるやん。ロバが可哀想で涙腺が崩壊するわ」って言い出して。またそれを聞いたお父さんはそやそや、それも間違いないわと今度はロバの前足同士、後ろ足同士を紐で結んでその間に棒を通し、親子二人でそれを担いで歩き出さはってんて。わっしょい!

もーあほとしか言えん。

で、歩きだしたらロバが耐えられへんようになってぶら下げられたまま大暴れしはって、親子が支えられへんようになって手を離してしまったのがなんと橋の上。

橋の上から落ちたロバは足をくくられたままで息もできず溺れ死んで川を流れて行ったそうな。

おわりやで。

ちょうどいい絵があったので紹介しとくな。親子は老夫婦に変わってるけど。

f:id:masaki709:20170821210537p:plain

笑い話みたいやけどこんな人おるやん?

さっきのお父さんは周りから言われることになんでも「うんうんそやな」って鵜呑みにしてしまい大失敗したけど、そんな人結構いる気がするんですよ。

  • ブログは2000文字以上書かなあかんって聞いたから無理やり文章伸ばした
  • タイトルは大事って聞いたからそれっぽい単語を思いっきり突っ込んだ
  • 夜の校舎窓ガラス壊して回った
  • 一文は短いほうがいいって聞いたから短文連発
  • タイトルを変更したらいけないって聞いたから記事ごと消してアップしなおした
  • サロンに入ったら(あ、玄関に誰か来た)
  • 有名ブロガーオススメの有料テーマを入れたら(あ、今チャリンって音がした)
  • ブログ記事は見出しとタイトルで8割決まるっていうから悩みまくった
  • ブログ初心者が見るべきブログを100記事読んだけどまだよくわからない

おるやん?おるやろ?おったもんここにも(笑)もうおらんけどね。

目的はなんなん?

さっきの親子は「ロバを売る」のが目的やったのに、あれこれやそれこれ言われて何もかもめちゃくちゃになって最後は目的を失う羽目になってしまわはったやん?

ブロガーでもそんな人いはると思うよ?

自分の好きなことを書くとか、誰かに喜ばれるために書くとか、中にはもちろんお金を儲けたいから書く、かもしれないけど目的は「ブログを書く」だったと思うんですよ。

違うことに目がどんどん行ってしまって、気がついたらいろんなことに振り回されてブログの記事を1行かくのにもめっちゃしんどい人、がいっぱいいるような気がするんです。

ブログ記事が見出しとタイトルで8割決まるわけ無いやん。価値があるのは書いた記事の中身であって、ブログは文章を書くことこそ大事なんやって。全部書き終わってからそれらをまとめるような見出しとタイトルつけたら全然オッケーなんやって。

こういう事をグズグズ言う人に影響されんと、自分の書きたいことを全力で書くのが僕は一番良いことなんちゃうかなと思ってます。

だってGoogleの検索はルールがどんどん変わるねん。言われる度にごちょごちょ変えてたらブログ自体が面白くなくなるかもしれんやん。

例えば野球。今まで普通に野球してたのに、野球神が突然ルール変えてくんねん。「明日からルール変更して、バッターはボールを打ったら3塁に走ったらセーフ」

えええ、やけど似たようなこと起こりえるもん。

逆にそういうのばっかりに目を向けず、書く方はしっかり丁寧な文章を書こうとか、見出しをここに入れたほうが読みやすくなるよね、とか画像やグラフを入れたほうが相手に伝わりやすいやんとかそういうのを大事にして欲しいと思うんです。

読んでもらえる人を大事にする、というのはどんなときでも絶対に必要なことだと思うから。「読み手に不親切な記事を検索上位にする!」なんてことには絶対ならへんし、そうならないためにあの人たちは一生懸命検索の最適化をしたはるんやから。

ま、そういうこと。まぁ楽しくブログ書くのがんばろか。ほなね。